RECIPE

白菜使いきりレシピVol.3 味噌×ヨーグルト!ダブル発酵パワー味噌汁

今回も、白菜と発酵食品を組み合わせた使い切りレシピをご紹介します。

さむーい季節、あたたかい食べ物が恋しくなりますよね。
お鍋もいいけど、お味噌汁なんてのもいかがでしょうか?

具材たっぷりな上に、発酵食品を使ったお味噌汁のレシピです。

【白菜と豚肉、ごぼうの味噌汁】お味噌だけでなくヨーグルトからも発酵パワー摂取!

材料

(2~3人前)
白菜 1/6玉(約150g)
豚ばら肉 100g
しめじ 80g
ごぼう 60g
青ねぎ お好みで
出汁入り味噌 60g
豆板醤 2g
ヨーグルト 20g
600ml

作り方

1.

白菜・・・2cm幅にカットし、芯と葉に分けておく。
ごぼう・・・ピーラーでささがきにし、さっと水にくぐらせてアクを抜く。
しめじ・・・石づきをとってほぐしておく。
青ねぎ・・・小口切りにしておく。
豚ばら肉・・・5~6cm幅にカットして、さっと湯通しする。

2.

鍋に、水・白菜の芯・しめじを入れ、火にかける。

3.

火が通りしんなりしたら、白菜の葉とごぼう、豚肉を加え、再沸騰したら火を止めて10分待つ。

4.

味噌・ヨーグルト・豆板醤を溶かす。

★乳酸菌の死滅を少しでも防ぐために、火を止めてから味噌とヨーグルトを入れる。

5.

お椀に盛り、青ねぎを散らして完成。

正直、ヨーグルトが入っているので味がすこーし心配だったのですが、味噌の風味に馴染んでいるので問題ありませんでした。

発酵食品をたくさん食べたいからといって味噌を多くすると塩分の摂り過ぎが気になるので、ヨーグルトを入れて、使う発酵食品の種類を増やせるのが嬉しいですね。

コクを出すために豆板醤を入れましたが、なければ、食べる直前に一味や七味をかけて辛味を足してもOK。

一般的な豚汁は、先に具材を炒めますが、このレシピだと油を使わないのであっさりとした仕上がりになります。
豚肉も一度湯通しするので、余分な脂を落とせるのも良いですね。
それに食物繊維たっぷりのごぼうをつかうので、「美腸」への条件もクリアできますよ★

具沢山で一度にたくさん野菜を食べられる上に、ほっこりあたたまるので、さむーい冬も乗り越えられること間違いなし!


●特集:「白菜」を使った簡単アレンジレシピ

目次
第1回更新|自然な甘みの「白菜と塩昆布の浅漬け」
第2回更新|豆腐代わりに!ご飯がすすむピリ辛「麻婆白菜」
第3回更新|味噌×ヨーグルト!ダブル発酵パワー味噌汁
第4回更新| 白みそ&チーズが濃厚「白菜たっぷりグラタン」




COLUMN 2018.02.07

味噌からみる発酵食文化(1)京都の食文化を支える雅な味わい「西京味噌」!

発酵食品には、日本の食文化の歴史が詰まっているといっても過言ではありません。

RECIPE 2019.02.02

芋と白みそは相性抜群!炊飯器で簡単!「さつまいもと白みそのケーキ」

砂糖を甘酒に置き換え!混ぜて炊飯器で炊くだけの簡単ケーキです。

RECIPE 2018.02.07

西京味噌を使いきるVol.2 濃厚なのに生クリームなし!和風カルボナーラ

白味噌を活用すると、生クリームなしでも濃厚なコクが楽しめる和風カルボナーラです。



NEW