RECIPE

作り置きにもおすすめ! 揚げずに作る 彩り野菜とサーモンの南蛮漬け風

野菜も一緒にたっぷり漬け込むことで、野菜も魚・肉もバランスよく食べられる「南蛮漬け」。
サラダもメインも作るとなると大変ですが、どちらも一緒に食べられて、しかも作り置きできる便利なメニューですよね。

今回は、お酢と塩麹を使った「南蛮漬け風」のレシピをご紹介します。
南蛮漬け「風」なので、手間も時間もかかる「揚げる」工程がなく簡単に作っていただけますよ♪

材料

(約4人分)
玉ねぎ 1ヶ(120g)
赤パプリカ 1/2ヶ(60g)
黄パプリカ 1/2ヶ(60g)
塩麹 20g
サーモン 250g
少々
コショウ 少々
小麦粉 少々
穀物酢 80g
オリーブオイル 80g
砂糖 30g
塩麹 20g
レモン(輪切り) 2枚
(あれば)ローリエ 1枚

作り方

1.

玉ねぎ、赤パプリカ、黄パプリカは8mm厚のくし切りにする。

2.

サーモンは1.5~2cm角にカットし、塩コショウで下味をつけておく。

3.

1.でカットした野菜を塩麹で軽く和え、耐熱容器に入れて500wで3分加熱する。

4.

2.でカットしたサーモンに小麦粉をまぶして、油をひいたフライパンで両面をこんがりと色づくまで焼く。

5.

3.4.の野菜とサーモンをタッパーなどの保存容器に移す。

★液体にひたるように平らに並べる。

6.

穀物酢・オリーブオイル・砂糖・塩麹・レモン・ローリエをすべて鍋に入れて沸かし、5.の上にかける。

7.

粗熱が取れたら、落としラップをして冷蔵庫にうつし、2時間以上漬けたら完成。

★落としラップ:ラップを落とし蓋の代わりにすること。

彩りがよく、舌だけでなく目でも楽しめる一品です。
塩麹をまぶした野菜から出た水分のおかげで、ツンとしたお酢特有のすっぱさが強く出ず、さっぱりしていて食べやすい仕上がりになるので、暑くて食欲がない日にもぴったり!

サーモンのほかに、白身魚やささみ、鶏むね肉、帆立などをつかってもおいしいですよ。

お酢に漬けるので、ささみや鶏むね肉のぱさつく感じもマイルドになり食べやすくなります♪

冷蔵庫で保管すると3日持つので、作り置きしておいて少しずつ使えるのが嬉しいですね。
保管している間にも酢の味が染み込んでいくので、あっさりした味わいがお好みの方は液から出して保管してください。

彩り鮮やかで満足感たっぷりな南蛮漬け風レシピ。ぜひお試しください!

RECIPE 2018.07.31

糖質制限にも!お酢とグレープフルーツでさっぱり「自家製サラダチキン」

お酢の力でさっぱりサラダチキンを作ってみませんか。

RECIPE 2018.11.23

おから味噌インストラクター直伝!野菜たっぷり「塩麹トマトドレッシング」

発酵のプロ直伝!トマトのうまみをたっぷり味わえるトマトドレッシングです。

RECIPE 2018.07.23

お酢の力で夏バテ知らず!「カラフルピクルス~はちみつレモン風味」

さっぱり爽やかなピクルスは、お酒のアテにもぴったり♪好きな野菜を使って漬けてみませんか?



NEW