RECIPE

さっぱりおいしい!「彩り野菜の醤油ピクルス」の作り方

仕事から帰ってきてごはんの準備。
それだと何品も作るのは大変ですよね。

そんなときの「あと一品」に、ピクルスはいかがですが?

お酢だけでなく、砂糖と醤油を使うので、酸味が和らぎ食べやすいのでおすすめです。
漬けておけばすぐ食べられるので、作り置きにもぴったりですよ。

作り方

(1)

野菜を食べやすい大きさにカットする。

※今回はミニトマト、ブロッコリー、しめじ、黄パプリカ、みょうがの5種類を使用しました。お好みの野菜や、冷蔵庫にある野菜をご用意ください。
※ブロッコリーや、しめじなどきのこ類のように、しっかりと火を通したほうが良い野菜は先に下茹でをしておきます。
※かたい野菜は薄めに、やわらかい野菜は厚めに切っておくと味がしみこみやすいです。

(2)

水・砂糖・酢・濃口しょうゆを1:1:1:1の割合で混ぜて、火にかける。

※野菜がひたるくらいの分量であれば十分です。
※調味料の割合はお好みで調節してください。酸味が苦手な方は、醤油や砂糖の量を増やしても良いですよ。

(3)

2.がフツフツしてきたら、1.でカットした野菜(もしくは下茹でした野菜)を鍋に入れて火をとめる。

※かたい野菜から順番に入れていきます。

(4)

粗熱がとれたら保存容器にうつしかえて、冷蔵庫で一晩以上漬け込めば完成!

漬け時間によって味わいがかわるので、お好みのタイミングでお召し上がりください。

野菜の量が少ないときは、保存容器をつかわずにジップのついた袋に保存してもOK!
できるだけ空気を抜いて、冷蔵保管してくださいね。

きゅうりや玉ねぎ、れんこんや大根・ニンジンなどの根菜や、セロリやキャベツなどの葉物もオススメです。

季節にあわせた野菜をつかえば、彩り鮮やかで食卓も華やぎますね。

はっこまち編集部

クドウアユミ

大阪出身。好きな発酵食品はビールと日本酒。休日はお寺や史跡巡りによく行きます。おすすめのお寺は金戒光明寺と萬福寺。好きなものは読書、映画、歴史、古生物、恐竜、海老。



NEW