RECIPE

卵・牛乳不使用 お子様のおやつにもおすすめ♪ 簡単「甘酒ヨーグルトアイス」

今回は暑い夏にむけて、甘酒・ヨーグルト・バナナをつかってアイスを作ります。

卵も牛乳も使わないので、アレルギーを持った方にもおすすめ。

甘酒の甘さを利用し砂糖を使わず作るので、既製のアイスにたくさん含まれる砂糖の取りすぎも回避でき、お子様のおやつにもぴったりです。

材料

甘酒 100g
ヨーグルト 100g
レモン汁 5滴
バナナ(他のフルーツでも可) 1本

作り方

(1)

バナナは皮をむき、適当な大きさにカットする。

(2)

ミキサーにヨーグルト、甘酒、レモン汁、バナナを入れ、バナナの固体がなくなるくらいまで混ぜる。

※食感を残したい方はミキサーのかけ具合を調整してください。

(3)

保存容器に移し冷凍庫に入れ、1時間ごとにフォークで混ぜて空気を入れる。固まったら完成です。(冷凍庫にもよりますが、目安は3~4時間くらいです)

今回はバナナを使いましたが、果物は他のものでも代用でき、手順もそのままで大丈夫です。

マンゴーや柿など脂肪分や甘みの強いものの方が美味しく仕上がります。
ぜひ、季節の果物でお楽しみください。

他にも、はちみつやカルピス(原液)を入れるのもおすすめ。

はちみつを入れるとコクや甘みが増しますし、カルピスの場合は甘みのほかに酸味が加わりさっぱり爽やかな味わいに仕上がります。
ただし、はちみつやカルピスを入れすぎると、その分糖分が増えるのでご注意ください。

ナッツやドライフルーツを入れると、食感、香りが出てさらに美味しくなります。
その場合はミキサーを回したあとにさっくりと混ぜ合わせてくださいね。

色々アレンジしてお好みの味と食感でお楽しみください。

食べない分はそのまま冷凍して3~5日ほど保存できます。
ただし、あまり長期間ほったらかしにすると風味が落ちるので、作ったものはなるべく早く食べてくださいね。

ひんやりとして暑い時にも食べやすいので、朝ごはんをしっかりと食べるのが億劫という方は、夜の間に作っておいて朝軽く朝ごはん替わりに食べるのもいいかもしれません。

暑い日が続くとどうしても体力が落ちてしまい、体調を崩しがち。
今年は猛暑になる可能性があると言われているので、しっかりと栄養を取って長く暑い夏を乗り切りましょう。

はっこまち編集部/カメラマン

SHIGE Yang

大阪出身。好きな発酵食品はチーズ。好きなものはコスメ、アイドル、テキーラ、インド料理、エスニック料理、ラーメン。ジャニーズのメンバーを発酵食品に例えた記事を書くのが夢です。

NEW