RECIPE

砂糖・牛乳不使用♪ 自然の甘みで身体しあわせ「甘酒フレンチトースト」

朝ごはんにもおやつにもぴったりなフレンチトースト。

甘い匂いに包まれながらふわふわあつあつのパンを噛みしめると、じゅわっと卵とバターの旨味が口いっぱいに広がり、幸せな気持ちになりますよね。ふんわり優しい甘さに、ふとしたときに食べたくなるおやつのひとつであるような気がします。

いつもなら牛乳で作るところですが、せっかくだったら私たちのつよーい味方である発酵食品「甘酒」を使ってみませんか?甘酒由来の味わいで、いつものフレンチトーストを手軽に美味しくしてみましょう♪

牛乳ではなく甘酒で!いつものフレンチトーストを簡単にワンランクアップ♪

材料

食パン 1枚(4枚 or 5枚切)
甘酒 100ml
1ヶ
バター 10g

作り方

1.

食パンは1/4にカットしておく。

2.

甘酒と卵を混ぜる。

3.

バット等にラップを広げ、その上に液を半分流す。切っておいた食パンを置き、残り半分の液をかける。

4.

ラップに包んで冷蔵庫で30分ほど置く。

★液を全体に染み込ませるためなので、30分以上置いておいてもOK。

5.

バターを入れたフライパンを熱し、バターが溶けたら4の食パンを入れる。弱火で焦げ目がつくぐらい焼いたら完成。

★バターが焦げてしまうので、火加減に注意。

粉砂糖をまぶしたり、カロリーが気にならない方はメイプルシロップやはちみつをかけるのもおすすめ。2の手順の際に生姜(5gほど)を加えると、少し大人の味わいのフレンチトーストになりますよ。他にもジャムやフルーツ、アイスなど、お好みで色々とアレンジしてみてくださいね。

レタスや、焼いたベーコン、ハムと合わせて、お食事フレンチトーストにするのもあり♪

甘酒を使うので、いつものフレンチトーストよりさらに旨味と深味のある味わいの仕上がりになります。

卵と甘酒のおかげでしっかり満足感があるのも良いところ。冷ますとさらに味がしっかりするので、冷やして食べても良いかもしれません。

朝ごはんにも、おやつにもぴったりすぎるフレンチトースト、ぜひお試しください。

はっこまち編集部/カメラマン

SHIGE Yang

大阪出身。好きな発酵食品はチーズ。好きなものはコスメ、アイドル、テキーラ、インド料理、エスニック料理、ラーメン。ジャニーズのメンバーを発酵食品に例えた記事を書くのが夢です。



NEW