RECIPE

納豆+野菜で腸内大掃除!切って盛るだけ「納豆和風コブサラダ」

コブサラダの「コブ」って人の名前からきてるということ、ご存知でしたか?

アメリカのロバート・H・コブさんが考案したサラダのことで、お好みでいろんな種類の具材を入れて作ることができるボリューミーな一品ですよね。

なんでも入れても良いとはいえ、必ず入れないといけない基本の具材があり、その具材の頭文字をとって“EATCOBB”=“コブサラダを食べる”と言われているそうです。

 E=Egg(卵)
 A=Avocado(アボカド)
 T=Tomato(トマト)
 C=Chicken(チキン)
 O=Onion(玉ねぎ)
 B=Bacon(ベーコン)
 B=BlueCheese(ブルーチーズ)

今回は、EATCOBBの具材をアレンジして発酵食品である“納豆”を使った和風コブサラダのレシピをご紹介します。

「切る、盛る、かける」だけの簡単レシピですよ~!

材料を切って盛るだけの簡単レシピ♪野菜をたくさん食べられる和風コブサラダ♪

材料

(2~3人前)
納豆 1パック
マグロ(さしみ用) 120g
山芋 80g
アボカド 1/2ヶ
オクラ 4本
大葉 5枚
グリーンカール(サニーレタスなどでも) 2枚

作り方

(1)

マグロ、アボカド、山芋(皮をむいてから)を1cm角にカットする。
オクラはヘタの部分をむいて、沸騰したお湯で1分半~2分程度ボイルし、氷水に落として急冷後、斜めに四等分にする。大葉は千切りにしておく。

※オクラは塩を少量まぶして板ずりし、流水で産毛を洗い流してからゆでる。
〔板ずり…まな板と手のひらの間でころころと転がすこと〕
※ゆでた後に急冷することで色止めになり、きれいな緑色になります。

(2)

(1)でカットした材料と大葉、納豆をお皿に盛り付ける。

※納豆に付属しているタレはドレッシングに使うので置いておく。

(3)

真ん中に温泉卵をのせたら完成♪

※温泉卵の作り方:お湯を沸かして、沸騰したら火を止め卵を入れて10分すると完成。

ピリ辛で食欲も進む♪和風コブサラダ用ドレッシング

次の材料を混ぜるだけで、サラダに良く合うピリ辛ドレッシングができますよ♪

材料

コチュジャン 5g
しょうゆ 5g
納豆のタレ 1パック分
おろしにんにく 1g
おろししょうが 2g
ごま油 10g
はちみつ 5g

※辛味は、コチュジャンの量で調節してくださいね!

ねばねば素材とピリ辛ドレッシングの相性バツグンでお箸がすすむサラダです。

冷蔵庫にある具材ならなんでも使えるので、お好みでレタスやトマト、きゅうり、いんげん豆などを加えて自分流にアレンジできますね。マグロではなくカツオを使ってもおいしいです。

サラダだけで済ませたいときは、電子レンジでやわらかく加熱したじゃがいもをトッピングすると、満足感もアップするのでおすすめです。うどんやパスタにのっけても良いはず◎

納豆が入っていますが、基本的になんでも合うので、温泉卵の代わりにゆで卵をのせたり、チーズをトッピングすれば発酵×発酵になる万能サラダレシピ。

ヘルシーにおいしく食べられるので嬉しいですね!ぜひお試しあれ!

はっこまち編集部/カメラマン

SHIGE Yang

大阪出身。好きな発酵食品はチーズ。好きなものはコスメ、アイドル、テキーラ、インド料理、エスニック料理、ラーメン。ジャニーズのメンバーを発酵食品に例えた記事を書くのが夢です。



NEW