RECIPE

発酵食品たっぷりおやつ。「甘酒入りクリームチーズケーキ」+「醤油ソース」

今回は、発酵食品を5種類もつかったクリームチーズケーキのレシピです。

甘酒、クリームチーズはお菓子作りのレシピによく登場しますが、このレシピではさらに、お菓子作りに登場するのは少し珍しい醤油をつかったソースをかけて、発酵食品のパワーを上乗せしたいと思います♪

意外な組み合わせですがとってもおいしいので、ぜひお試しください。

甘酒×クリームチーズに醤油のしょっぱさがたまらない♪「甘酒入りクリームチーズケーキ、醤油ソース掛け」

材料

■甘酒クリームチーズケーキ
ビスケット 80g
無塩バター 50g
クリームチーズ 200g
グラニュー糖 40g
ヨーグルト 100g
甘酒 80g
レモン果汁 20g
生クリーム 160cc
粉ゼラチン 5g
お湯 40cc
■醤油ソース
醤油 15g
みりん 15g
グラニュー糖 20g
片栗粉 7g
70g

作り方

*クリームチーズは先に冷蔵庫から出して常温に戻しておく。

(1)

無塩バターをレンジで温めて溶かし、粉状に砕いたビスケットとよく混ぜる。

※フードプロセッサーやミキサーを使ってもOK。

(2)

オーブンシートを敷いた直径15cm~18cmのケーキ型(ケーキ型がなければ直径18cmほどのフライパン)に(1)を敷き詰め、平らに広げて押して固め冷蔵庫で15分以上休ませる。

(3)

クリームチーズをレンジで温めてやわらかくし、グラニュー糖と合わせなめらかになるまで混ぜる。

(4)

レモン果汁とヨーグルト・甘酒を加えて、材料が全て馴染むまでさらに混ぜる。

(5)

生クリームを3回に分けて加え混ぜる。

(6)

粉ゼラチンをお湯で溶かす。

(7)

(5)と(6)を混ぜ、(2)のクラッカー生地の上に流し込み、冷蔵庫で3時間以上冷やす。

※生地を流し込んだあと、型を5cm程度の高さから2回ほど机に落とし、中の空気を抜く。

チーズケーキを冷やしている間に、醤油ソースを作っておきましょう。


~醤油ソースの作り方~

(1)

醤油、みりん、グラニュー糖を鍋に入れて火にかけ、グラニュー糖を溶かす。

(2)

片栗粉を水に溶かしておき、グラニュー糖が溶けたら(1)の鍋に回し入れる。

(3)

再沸騰したら、完成。

※沸騰させすぎると片栗粉がダマになるので注意。

冷やしたクリームチーズケーキに、醤油ソースをかければ「甘酒入りクリームチーズケーキ、醤油ソース掛け」の完成です。

濃厚な味わいの中にも、ふわっとした食感がおいしいチーズケーキです。

ヨーグルトの爽やかな酸味、醤油ソースの塩味のおかげで、甘いものが苦手な方でも比較的食べやすい仕上がりです。
(醤油ソースは、みたらし団子のたれのような味なので、余ったらお団子や白玉とあわせてもおいしいですよ~)

甘酒が苦手な方は、代わりにヨーグルトを使ってもOK♪
タルト部分がなくても良い場合は、ガラス容器などに入れて冷やし固めるだけで良いので、より簡単に作れますよ。

はっこまち編集部/カメラマン

SHIGE Yang

大阪出身。好きな発酵食品はチーズ。好きなものはコスメ、アイドル、テキーラ、インド料理、エスニック料理、ラーメン。ジャニーズのメンバーを発酵食品に例えた記事を書くのが夢です。





NEW