RECIPE

レンジでチンするだけ!塩麹ソースで春を味わう・あさりと春野菜のパスタ

今回は塩麹とバターで、あさりと春野菜の旨みが引き立つパスタソースのレシピをご紹介します。
春野菜は見た目もキレイで、栄養価も高くヘルシー。

レンジでチンするだけで出来るソースと、茹でたパスタを和えるだけ。
少ない工程で本格的なパスタの出来上がり。

帰るのが遅くなってしまった日や、パッと昼食を済ませたい時もワンプレートで野菜がしっかりと摂れます。
洗い物も少なくて済むので、忙しい人にも重宝されそうなレシピですね♪

材料

(約2人前)
パスタ 140g(1人前当たり70g)
適量
玉ねぎ 1ヶ
アスパラガス 3本
スナップエンドウ 5ヶ
あさりの缶詰 1缶
あさりの煮汁 40g(缶詰の)
にんにく 1片
A塩麹 30g
Aバター 10g
A白みそ 20g
Aオリーブオイル 10g
粉チーズ 少々

作り方

★ソースを作っている間に大きめのお鍋にたっぷりのお湯を沸かし、お湯の1.5%の塩を入れ、パスタを茹でておく。
★ソースよりパスタの方が早く出来上がった場合は、ザルにあけて水を切った後、麺がくっつかないようにオリーブオイルを和えておくとよい。

1.

玉ねぎは8mm厚にスライス、アスパラガスは6等分、スナップエンドウは筋をとって半分に割る。にんにくは4、5枚程度にスライスしておく。

2.

あさりの缶詰の煮汁40gで、白みそを溶く。

3.

耐熱容器に、にんにく→野菜→あさりの身→Aの調味料を順番に入れ、ラップをして500wで5分加熱する。

4.

加熱した3.を一度レンジから取り出し混ぜてから、もう一度ラップをしてさらに500wで2分加熱する。

5.

先に茹でておいたパスタにソースをからめ、粉チーズをふりかけて完成。

レンジでチンするだけなのに、塩麹とバターで野菜の旨み、甘みがしっかりと引き出され、やさしいながらも奥深さを感じる味わいに仕上がります。
野菜のシャッキリ感がほどよく残っているので、パスタを少なめにしてもボリュームがありますよ。

野菜は今回使ったもの以外にも、キャベツやねぎ、ほうれん草などを代わりに使ってもOK!
たけのこの水煮や新じゃが、菜の花などを使っても春らしさが出ていいですね♪
パスタに絡めやすいよう、水分を多く含む野菜を一種類以上は使用するのがポイント。

帆立やサーモン、ベーコン、生ハムなどを使うとまた違った旨みが楽しめます。
粉チーズのかわりに、黒コショウをトッピングしてもよさそうですね。

ソースは冷蔵庫で2日程度保管しておけます。多めに作っておけば、次の日はパスタを茹でてソースを温め直すだけ。
時短で野菜が摂れるなんとも嬉しいレシピ。ぜひお試しください!

RECIPE 2018.02.07

西京味噌を使いきるVol.2 濃厚なのに生クリームなし!和風カルボナーラ

白味噌を活用すると、生クリームなしでも濃厚なコクが楽しめる和風カルボナーラです。

COLUMN 2018.02.07

味噌からみる発酵食文化(1)京都の食文化を支える雅な味わい「西京味噌」!

そもそも白味噌って?京都発祥の上品な味が特長のおいしい調味料です。

RECIPE 2018.12.24

白菜使いきりレシピVol.3 味噌×ヨーグルト!ダブル発酵パワー味噌汁

いつものお味噌汁にほんの少しヨーグルトを入れて、発酵パワーを追加しちゃいましょう。



NEW