INTERVIEW

フードコーディネーター安藤菜美さん|発酵食エキスパートに学ぶ発酵食のある「Yururi」な暮らしの楽しみ方

大阪・堺筋本町でカレーと日本酒が堪能できる「さくらSAKE」で働くかたわら、「Yururi」で【健康】をテーマにした糀料理専門のケータリングを行っているフードコーディネーター・安藤菜美さん。

1日カフェ・糀食堂「yururi」の開催や、発酵食をテーマにしたイベントへの参加、「発酵食大学」(石川県)で発酵食エキスパート1級を取得するなど、幅広く活動されています。そんな安藤さんに、発酵食の魅力やパワー、気軽に毎日食べるコツなど、「発酵」をキーワードにお話をお伺いしました!

健康を意識して“食”を見直したときに「発酵食」の力に気づく。


─ 発酵食が大好きという安藤さん。幼いころから日常的にたくさん食べてこられたのかと思っていたのですが、毎日意識して食べるようにし始めたのはここ1年半くらいなんだとか。

安藤 社会人になって環境が変わり体調を崩しがちになったんです。忙しい中で外食やコンビニのごはんで済ませたりすることが続いたのが原因なのかもしれないなと考え、同じ食べるなら体に良いものをしっかり食べよう、“食”を見直してみようと思ったのがきっかけです。

─ 体に良いとされるものがたくさんある中でなぜ「発酵食」だったのでしょうか。

安藤 野菜を意識してたくさん食べたりもしましたが、一度に量を食べるのはなかなか難しくて……。でも発酵食なら、例えば糀とか甘酒は調味料としても使えるので、普段の料理にプラスするだけで毎日無理せず食べられることに気づきました。

そこから発酵食についていろいろ勉強し始めたら、すっかり発酵食にはまってしまいました!おいしいのはもちろん、発酵食が自分の体質にぴったりだったというのもあります。

発酵食を意識して食べ始めてから「変わったな」と思うことがありました。おかげで今では外食やコンビニごはんが続くと体が重いと感じるほどです(笑)

─ そんなに明確に違いがでるんですね!確かにお会いした時からお肌がきれいだなと思っていたんです!違いを感じられたはそのあたりですか?

安藤 ありがとうございます!元々アレルギー体質だったり乾燥肌だったりであまりお肌の調子は良くなかったんです。それに加えて環境の変化やストレスも影響していたと思います。

でも発酵食を意識して取り入れだしてから、お肌の調子が良くなったなと感じるようになりました。それに便秘がちだったのも改善されてたような気がして。きっと私の体にはぴったり合っていたのだと思います。

─ おいしいだけでなく体に良いなんて一石二鳥ですね。でも、発酵食を使ったお料理というと「健康志向」「薄味」というイメージを抱きがちなのですが……?

安藤 塩分控えめだったり薄味だったりするとどうしても満足感が足りない場合ってありますよね。私もどちらかというとはっきりした味のほうが好きなので、出汁をしっかりとったりするなど、満足感を出せる工夫はしています。

最初は物足りないなと感じるかもしれませんが、1週間もたてば舌が慣れてきて、素材の旨みとか風味、コクを楽しめるようになりますよ。それに健康を意識しているからといって、野菜だけではなくお肉やお魚などを麹に漬けたものなどをメインにして、十分満足できるメニューになるよう工夫しています。



コツは「たくさん食べる」のではなく「毎日食べる」こと

─ お話を聞いていると毎日に発酵食を取り入れたくなってきたのですが、ずぼらなので「毎日料理をする、しかも発酵食品を使う」というのはハードルが高く感じます…。

安藤 私もめんどくさがりでずぼらですよ!(笑)いくら料理が好きでも、一度の食事全てに取り入れるのは正直難しいなと思ったので、初めはいつものお料理に少しプラスするようにしました。元々発酵食自体が、日本食に根付いているので、手軽に取り入れることができます。

量を食べるというよりは、毎日少しずつ続けることが大切ですね!めんどくさかったり飽きたりして続けられないと意味がないので。発酵食を食べるためにわざわざ特別な何かをするのではなく、毎日食べているものを発酵の力でよりおいしく、しかも体に良いものにしようと試行錯誤しています。

─ 確かに、「いつもの料理にプラスする」方法だったら、続けるのも難しくなさそうです。でも発酵食品っていろんな種類がありますよね。毎日続けて使うのにおすすめなのは何ですか?

安藤 ぜひ試していただきたいのは「甘酒」です!お店で売っているものもおいしいのですが、それよりもお家で手作りするのがおすすめです。

長いときは作るのに12時間くらいかかってしまうのですが、濃縮されていて菌が生きているし、手間をかけた分、既製品よりも断然おいしく思えます。どろっとしているので飲むというより食べるというイメージですね。

私は、料理にお砂糖代わりとして使っています。自然な甘さで、味に深みがでるんですよ。今まで甘酒を飲むのは苦手だったんですけど、調味料として使い始めてからは苦手意識もなくなりました。

凍らせるとシャーベット状になるので、解凍せずにそのまま削ってお料理に入れたりコーヒーや紅茶に入れたりしてます。時間がなければ凍っているのをそのまま食べてもOKです!(笑)



#おうちごはん タグでひときわ輝く「かわいい発酵食」

─ 調味料としてなら毎日使うことへのハードルが下がりますね!継続して使うことに関してはクリアできそうです。他に意識されていることはありますか。

安藤 「彩り」ですね。おいしく感じるためには視覚も満足させてあげる必要があると考えています。発酵食というと「古い」とか「地味」とかいうイメージがありますよね。どうしても茶色いものが多くなっちゃいますし。実際、作った後に「今日煮物ばっかりだな」という日もありました。もちろんそれでもおいしいですが、見た目がかわいいほうがよりおいしく食べられませんか?

例えば、同じキャベツでも紫キャベツを使えば華やかですし、にんじんのオレンジも彩りを添えるのに役立ちます。それににんじんはキャロットラペにして常備しておけば、副菜としてすぐに使えるのでとても便利ですよ!

─ 確かに安藤さんのInstagramにはカラフルでかわいくおいしそうな写真がたくさんで「カフェみたい!」と編集部一同感動していました。ぜひ食べてみたいです!

安藤 見てくださったんですね!ありがとうございます。「発酵食っておいしいよ」というのを伝えたいという思いから、いろいろ考えて試して作ってみるのが楽しくて!自分が好きなもののことって人に話したり見せたりしたくなりますよね?私は発酵食が大好きなので「おいしいよ」「良いよ」っておすすめしたくなるんです。

料理教室をさせていただいたりもしているのですが、発酵食の魅力を知ることで好きになってもらいたいので、簡単にできるもの・習ったその日に家でできるものを紹介して、日常に取り入れるためのハードルを下げてもらいたいと思っているんです。



「発酵食のある暮らし」を届けたい。

安藤 発酵食を取り入れたことで、毎日がさらに充実しています。たくさんの選択肢があるなかで、体に良い食べ物を選ぶことの重要性に改めて気づかされました。そして日本の発酵文化ではそれができると思っています。しっかり学んでおいしいものを食べていただきたいです。

─ とても素敵な考え方で勉強になります。「食べること」に対して丁寧に向き合う安藤さんの姿勢はとても魅力的です!では、最後にこれからの夢について教えていただけますか?

安藤 発酵食の良さを発信し続けていくのはもちろん、お料理をするなかで出来た様々なつながりを大切にしたいと思っています。

今はスペースを借りて1日限定のカフェをオープンしたりしているのですが、ゆくゆくは自分のお店を持つのが夢です。目の前で食べてもらって「おいしい」という笑顔を見ると本当にうれしく、元気が出ますし、もっと良いものを作りたいなと思うエネルギーにもなります。たくさんの人に食べてもらって「おいしい」と思ってもらいたいんです!

─ 発酵食への愛がじっくり伝わってくるお話ありがとうございました。お店をオープンされる際はぜひ教えてください。絶対行きます!

安藤 お待ちしています!1日限定カフェも不定期ではありますがオープンしていますので、そちらもぜひ(笑)。ご自宅で甘酒作ってみてくださいね〜。

インタビュー中、終始笑顔が素敵な安藤さんでした。同い年ということもあり、初対面とは思えないほど話が弾み、楽しいひと時を過ごせました。こうして実際に活用して楽しんでいる方のお話を聞くと発酵食品を食べるのに挑戦したいという気持ちが高まりますね!安藤さん、本日はありがとうございました!

PROFILE

安藤 菜美(フードコーディネーター)

1990年生まれ。「発酵食のある暮らし」をコンセプトに、1日カフェ「糀食堂 Yururi」や糀料理専門のケータリング「Yururi」で発酵食を日々に取り入れる工夫を発信中。

Web site:http://qq2q.biz/HzyA

Instagram:@nami_ _1025

NEW