COLUMN

【Hacco図鑑】ユル~く始めて、ぬか漬けライフを楽しみましょう♪

ぬか漬け1年生

私が最近ハマっている発酵食、それはぬか漬けです。

「毎日かき混ぜなくてもいいぬか床があるんですよ~」
職場で私の正面に座っているKさんからの驚きの情報!

スイッチ入りましたー♬
自分でぬか漬けを漬けることに興味はあったものの、「ハードル高め……」と感じていたので、ぬか漬け初心者にぴったりではありませんか♪

早速Webで調べ、購入!数日でぬか床到着~。

保存容器に移します。

このぬか床、天然由来の特別な乳酸菌を使用して発酵させているから、かき混ぜが1週間に一度でいいんですって!

ご参考に、ぬか床を自分で作る場合の作り方は以下です。これは無理(笑)

1. ぬかに塩と水を加えて混ぜる。
2. 捨て漬け野菜や昆布、唐辛子などを入れる。
3. 朝晩2回かき混ぜる。(最初の10日程度)
4. 3~4日目に捨て漬け野菜を入れ替える
5. 1週間程度、捨て漬けを行う。4.と5.を5回程度繰り返せばできあがり。

まずは王道のきゅうりとにんじんからスタート!

洗って、水気を切り、ぬか床に沈めるだけ。漬ける時間は、袋の後ろに書かれています。
(にんじんは「縦半分に切ったものを24~36時間」と説明書にありました。)

しっかりお味がついているほうが好きなので、きゅうりは20時間程度、にんじんは2日間漬けてみました!
(暑い時期なので、今回はすべて冷蔵庫の中で漬けています)

きゅうりは、ほどよい酸味とコクがあり、塩味も強すぎず、大満足の仕上がりです~。

にんじんも、ぬか床の風味がしっかり。
野菜スティックで食べるときは、マヨネーズやドレッシングをつけますが、これならそのままで十分おいしい♡

お好みやぬか床の具合、季節などにより、漬ける時間の長さを色々と試してみるのも楽しいですね!

いろいろ漬けてみよう!!

箸休めに最適で、お野菜もおいしくいただける、ということで、いろいろ漬けてみたくなりました。

1. れんこん
①れんこんの皮をむき、縦半分に切る。
②耐熱皿にのせ、ラップをかけてレンジ600wで1分半~2分加熱。
③冷めたらぬか床に入れ、24時間~お好みの漬け具合まで漬け、スライス。

●食べてみて:
れんこんならではのもっちりとした食感と、ぬか床からのうまみがたまりません♪
食物繊維やビタミンCたっぷりのれんこん。おいしい食べ方が1つ増えました!!
ちょっと火を通しすぎたので、シャキシャキ感を残したければ、加熱時間が短めが良さそうです。

2. しょうが
①しょうがを洗って水分を拭きとり、半分程度に切って皮をむく。
(新生姜であれば皮付のまま)
②塩をもみ込んでから、ぬか床に入れる。
③1週間から10日くらい漬け、薄く切る。
*固いのできゅうりやなすより漬けこみ時間は長めに。取り出して漬かり具合を確認し、時間を調整してください。

●食べてみて:
おいしいときいていたのですが、10日間漬けても私にはちょっと辛かったです(笑)
生姜にもよるのでしょうが、その場合は、千切りにして和え物や薬味として使ってもよいですね★

3. きのこ
①しめじ、エノキ、まいたけは食べやすい大きさに小分けにし、ぬか床へ入れる。

②6~7時間漬けたら取り出し、水でぬかを洗い流し、キッチンペーパーで水気をきって出来上がり~。

ぬか漬けパスタ?応用メニューにトライ!!

ぬか漬けしめじ&舞茸をパスタに使ってみました★

きのこのぬか漬けを食べやすい大きさにし、オリーブオイルでにんにくを炒め、きのこも軽く炒めます。
ゆであがったパスタを入れ、塩コショウで味つけし、完成!
仕上げに大葉ときざみのりをあしらいました。

●食べてみて:
塩コショウ以外の調味料は使わず、ぬか漬けの酸味と塩味がしっかりとお味のベースになっています!
きのこの風味を存分に楽しめるので、きのこ好きの方にオススメです★

ぬけ漬けライフを始めてみて

ぬけ漬けと一緒に暮らし始めて約1ヶ月。
今の感想は3つ!

■ぬか漬けって簡単!
かき混ぜるのが一週間に一度でよいぬか床を使ったので、ほぼ放置状態でも問題なし。
漬けたいお野菜を洗って切って入れるだけ!
それだけでご飯のおともやおつまみが一品増えるって、なんて幸せなんでしょう♫

ちなみに、今回使用したぬか床は、底にマチがあって自立し、ジッパー付。
これを使って会社の冷蔵庫でにんじんを漬けているスタッフもいます★

■ぬか漬けっておいしい!!
これまでぬか漬けは、外食してついでのようについてくる時に食べる程度でした。
そこまでおいしいと思ったこともなかったので、脇役的な存在でした。

でも、今回漬けたぬかけ漬は、旨味も塩味も絶妙!
大げさではなく、食事の楽しみがひとつ増えました。次は豆腐とゆでたまごに挑戦したいです。

■ぬか漬けって健康的!!!
ぬか漬けは、お米のぬか(玄米を精白する際、つかれて取れる種皮や胚芽の粉末)と塩・水などを合わせた「ぬか床」に、食材を漬け込んだ漬物です。

ぬかの栄養が漬け込んだ食材に浸み込むので、ぬかを洗い落としてもぬかと野菜の栄養が同時に摂れるんです。

ぬか漬けには豊富な栄養素が含まれており、最大の特徴は、ぬか漬けにすることによって大幅に増えるビタミンB群。

ビタミンB群に期待できる効果といえば、代謝機能の活性化や皮膚をきれいにしてくれることです。

また、ぬか漬けには植物性乳酸菌が豊富に含まれており、腸内の環境を整えてくれるので、肌荒れに悩んでいる人、便秘がちの人にもおすすめしたいですね。

ぬか漬けには塩分も含まれているので食べすぎには注意が必要ですが、お好みの食材、漬け具合を見つけ、ぬか漬けライフを楽しんでください★

はっこまち編集部

藤井綾子

京都市在住。好きな発酵食品は、どぶろくと紹興酒。好きなものは和菓子、親子イベント、世界遺産。オススメの旅先はガラパゴスです。



NEW