発酵を手軽に楽しむためのWEBマガジン

「漬×麹 Haccomachi」の発酵アフタヌーンティー大解説!

2021年3月12日(金)のリニューアルで新たに登場した「発酵アフタヌーンティー」。
今回は、セイボリーから季節のフルーツを使ったスイーツまで、すべてに発酵食品を使ったHaccomachiのスペシャリティをとことん解説いたします!

アフタヌーンティーは完全予約制でご案内しております。
ご予約は開始時間11:00~15:00の間で2時間制、お2人様より承っております。
自家製米麹甘酒を使って作るオリジナルドリンクをはじめ、コーヒーや紅茶など、9種類のドリンクをフリーフローでお楽しみいただけます。
発酵食スイーツとドリンクをゆっくりとご堪能ください。

美味しさを体感いただくだけでなく、「これも発酵食品だったんだ!」「スイーツにこうやって使うことで奥深い味わいになるんだ」など、皆様に何かひとつでも“気づき”や“発見”があれば幸いです。

それではひとつひとつのメニューを紹介いたします。

①はじまりの甘酒
発酵食品:米麹甘酒
まずはHaccomachiの看板メニューでもある「自家製米麹甘酒」をお試しください。
酒粕から作る甘酒と違い、米麹で作る甘酒はノンアルコール。砂糖はつかっていませんが、しっかりと甘味を感じられます。
発酵食品が生み出す自然な甘味と旨味をご堪能ください!

②発酵たまごさんど
発酵食品:しょう油、西京みそ
セイボリーには隠し味にみそとしょう油を使い、あっさり食べやすく仕上げたサンドイッチを。
粒マスタードを効かせた大人な味わいです。

③季節野菜のバーニャカウダ
発酵食品:アンチョビ
実はアンチョビは小型のイワシを発酵させて作る発酵食品。
発酵食品といえばチーズ(乳酸菌)や、味噌(麹菌)、納豆(納豆菌)など食材を微生物の力を借りて保存性を高めたり、旨味などを引き出したもののイメージが強いですが、アンチョビや塩辛、ナンプラーなど、自己消化という自身のもつ酵素で分子を分解する力を利用した発酵食品もあるんですよ。
魚の旨味が凝縮した濃厚なバーニャカウダソースをつけて季節の野菜を味わってください♪

④塩麹の竹炭シュー
発酵食品:塩麹、チーズ、生ハム
シュー生地に塩麹とパルメザンチーズを練りこんで焼き上げ、クリームチーズと生ハムをサンド。 塩味と甘味のバランスがたまらない一品です。
生ハムは肉の発酵食品。加熱処理をしていないのに長く保存可能なのは発酵食品ならではですね。

⑤日本酒とレモンのマドレーヌ
発酵食品:日本酒
日本酒とレモンの風味をまとわせたマドレーヌはその香り高さとしっとりとした生地が特長。
日本酒のフルーティーな香りがマドレーヌの美味しさを際立ててくれます!

⑥発酵バターフィナンシェ
発酵食品:発酵バター
発酵バターはバターに乳酸菌を加えることで、バター本来の甘味にヨーグルトのようなさわやかな酸味と香りをプラスしたもの。 原料の生クリームに混ぜて発酵させる方法と、バターに直接練りこんで発酵させる方法があるのだとか。
バターの甘い風味にほのかな酸味が加わり、シンプルながらあと引く美味しさのフィナンシェに仕上げました。

⑦みそとチーズのパウンド
発酵食品:麹みそ、パルメザンチーズ
麹のコクが感じられる麹みそとチーズを練りこみ焼き上げました。
一口ごとにふわりと香るみそと、チーズの香ばしい風味のバランスがなんとも絶妙。 みそとチーズの相性の良さを改めて実感する一品です。

⑧苺とヨーグルトの最中
発酵食品:ヨーグルト
ヨーグルトと苺の酸味がお口を爽やかにしてくれます。
最中の軽い食感とヨーグルトクリームのふんわりした食感の組み合わせも楽しんでください。
※フルーツは季節によって変わる可能性がございます。

⑨バルサミコ酢の生チョコ
発酵食品:バルサミコ酢、チョコレート
チョコレートと酢という組み合わせのHaccomachiならではの生チョコレート。
酢が発酵食品ということは広く知られていると思いますが、なんとチョコレートも発酵食品のひとつ。 カカオ豆とバナナの葉を発酵槽と呼ばれる発酵を促す作用のある容器に入れて発酵させることでチョコレートのまろやかな香りが引き出されるそうです。
ブドウの果汁を煮詰めて作るバルサミコ酢は芳醇な香りと濃厚な味わいが特長の果実酢。 お口へ運ぶと、それだけでフルーティーな香りとバルサミコ酢のコクが広がります。
ぜひ一度体感してほしい味わいです!

⑩抹茶とみりんのテリーヌショコラ
発酵食品:みりん、チョコレート
抹茶とみりんという意外な組み合わせながら、抹茶のほろ苦さと煮詰めたみりんの甘味・香りが互いの良さを引き立てます。
実はみりんはアルコールを飛ばすことで、甘さと香りがぐんと際立ち、カラメルソースのような風味に。 スイーツにもぴったりの食材なんです!
とろりととろけるような濃厚な食感もお楽しみください。

⑪もち米と紅茶のメレンゲ
発酵食品:紅茶
お茶は不発酵茶と発酵茶、半発酵茶に分けられ、例えば日本茶は不発酵茶、紅茶は茶摘み後に発酵して作る発酵茶に分類されます。
ベルガモットの優雅な香りをまとったアールグレイのエキスをぎゅっと凝縮したソースをサクッと軽い食感のメレンゲに挟みました。
お口の中に広がる芳醇な香りをご堪能くださいませ。

⑫酒粕クッキー
発酵食品:酒粕
酒粕とは日本酒のもろみを圧搾した後に残る固形物のこと。
清酒の原料である米や麹、酵母由来の炭水化物やたんぱく質をはじめ、アミノ酸、ペプチド、ビタミンなどの栄養素を豊富に含んだ食材です。
脂を排出する成分の「レジスタントプロテイン」という成分も含まれていたりと、ダイエットや美容の世界でも注目されていますよね。
酒粕の風味を大切にした、どこか懐かしい味わいのクッキーに仕上げました。

⑬Haccomachi特製発酵プリン
発酵食品:みりん、しょう油
みりん、しょう油、きなこでつくるみたらし餡をとろとろのプリンにたっぷりとかけたHaccomachi特製プリン。
プリンのなめらかな口当たりとソースの奥深い味わいをぜひご堪能ください。
カフェタイムには大きなサイズのプリンもご用意しています♪

フードは全部で13種類!気になるメニューはありましたか?
ぜひお気に入りのスイーツを探してみてくださいね。

フリーフローでお楽しみいただけるドリンクの中でもおすすめなのは、自家製米麹甘酒を使ったアレンジドリンク。
自家製甘酒と自家製ジンジャーシロップで作る「自家製米麹甘酒ジンジャーエール」は特におすすめです!甘酒とヨーグルトのいいとこどりができる「自家製米麹甘酒ヨーグルト」はしっかりとした飲後感。飲み物は軽いものが好みの方は「自家製米麹甘酒ソーダ」がおすすめです。
肌寒い日は「自家製米麹甘酒ラテ」をホットで頼むのもいいですね。クリーミーでほっこりするやさしい甘さのドリンクです。

フードもドリンクも、発酵食品盛りだくさんのHaccomachiらしさ満点のアフタヌーンティー。
お食事後のひと時に、気の置けない友人とのティータイムに、ぜひご利用ください!

発酵カフェ「漬×麹 Haccomachi」店舗情報

■住所
 〒604-8111 京都府京都市中京区三条通柳馬場下ル桝屋町78-1
■TEL: 075-256-8883
■FAX: 075-256-8884

■営業時間
8:00~10:00 、11:00~17:00
・朝食 8:00-10:00(L.O.9:30)
・ランチ 11:00-15:00(L.O.14:30)
・軽食・カフェ 15:00-17:00(L.O.16:30)
※朝食は発酵ごぜんのみ
※発酵ごぜんと発酵盛りだくさんBowlは14:30L.O.
※発酵アフタヌーンティーは完全予約制
※11:00-16:30までテイクアウトもご用意しています。
※通常の営業時間は、8:00~10:00、11:00~21:00ですが、当面の間短縮営業を行います。

■定休日 水・木(祝日の場合は営業)

■ご予約方法
ご予約はお電話もしくは食べログのネット予約をご利用くださいませ。
・TEL:075-256-8883
・食べログからネット予約
※発酵ごぜんのご予約⇒8:00-9:00または11:00-14:00の間で承っております。
※発酵アフタヌーンテイー(2時間制)のご予約⇒11:00-15:00の間で承っております。
※営業時間・定休日については変更となる場合がございます。店舗公式SNSにてお知らせいたしますので、お確かめの上ご来店くださいますようお願いいたします。