CAFE

残暑を乗り切る!発酵カフェの「ひんやり甘酒かき氷」

静岡・浜松市や埼玉・熊谷市で日本最高タイの41.4℃を記録した今年の夏。
京都でも強い日差しが照り付け、例年に増して熱中症対策が必要な日々が続いています。

発酵カフェ「漬×麹 Haccomachi」では、暑さで疲れた身体を美味しくクールダウンし、さらに栄養補給もできるかき氷「自家製米麹甘酒のかき氷」をご提供しています♬

グラスの一番底にはフローズン甘酒を敷き詰め、4種(スイカ、パイナップル、マンゴー、キウイ)のフルーツと氷を。
その上から濃厚な“はや作り甘酒”をたっぷりとかけて食べる、甘酒尽くしのかき氷です。

“はや作り甘酒”とは、ごはんを使わず、米麹と水だけで作る米麹甘酒。
麹のパワーとでも言いましょうか、麹が持つ豊かな風味や香りを強く感じ、コク深い甘みを堪能することができます。
追いがけしていただけるようにロゴ入ショットグラスに入れたはや作り甘酒もお付けしています。

トロリと濃厚な甘酒とシャリシャリの氷に、フルーツの酸味とぶぶあられの食感がたまりません★

巷で甘酒と呼ばれている飲み物は大きく2つに分類できます。
1つは、米麹、米、水のみを発酵させた米麹甘酒。
もう1つは、酒粕と砂糖に水を加えた酒粕甘酒です。

“飲む点滴”と言われる甘酒は米麹甘酒の方で、ブドウ糖、ビタミンB群やオリゴ糖、食物繊維、必須アミノ酸など さまざまな栄養素が含まれることから、江戸時代より疲労回復を助ける飲み物として飲まれてきました。

ビタミンB群はエネルギーを作り出す代謝を助ける栄養素で、疲労回復効果や肌荒れを解消する働きがあります。

オリゴ糖は、腸内でビフィズス菌等善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす働きがあります。
その結果、腸内環境が整い、便秘解消や免疫力アップに役立つと言われています。

人間の体を構成する20種類のアミノ酸のうち、体内で充分な量を合成できず食べ物から補給しなければならないアミノ酸は必須アミノ酸と呼ばれ、全部で9種あります。
筋力向上、筋力低下防止、ストレス緩和、疲労回復、髪や肌の健康維持といった働きをしています。
9種すべての必須アミノ酸を含んでいるという点が、米麹甘酒の大きな特徴と言えますね。

「自家製米麹甘酒のかき氷」には、2種の「米麹甘酒」がふんだんに使われています♬

グラスの底のフローズン甘酒には、米麹・ごはん・水から作った甘酒を使用。
トッピングしているのとグラスに入っているのは “はや作り甘酒”。
すべてカフェスタッフが手づくりしています★

“はや作り甘酒”が使われているのは、メニューの中でこのかき氷だけですので、この機会に是非味わってみてください!

イートインでも、テイクアウトでもご用意しています。
美味しく水分・エネルギーチャージができる甘酒のかき氷を、夏バテ防止にお役立てください♪

「漬×麹 Haccomachi」店舗情報

■住所
 〒604-8111 京都府京都市中京区三条通柳馬場下ル桝屋町78-1
■TEL: 075-256-8883
■FAX: 075-256-8884

■ご予約・お問い合わせ
以下の時間帯でご予約を承ります。
ランチタイム:①11:00~ ②12:15~ ③13:30~/ディナータイム
(閉店時は留守番電話にてご用件を承り、折り返しご連絡させていただきます。)

■定休日 水曜日(祝日の場合は翌木曜日)

■営業時間
【平日】11:00-15:00 、17:00-21:00 【土日祝】11:00-21:00
・ランチL.O. 14:30
・フードL.O. 20:00
・ドリンクL.O. 20:30
・テイクアウトL.O. 20:30

※営業時間・定休日については変更となる場合がございます。店舗公式SNSにてお知らせいたしますので、お確かめの上、ご来店くださいますようお願いいたします。

はっこまち編集部

藤井綾子

京都市在住。好きな発酵食品は、どぶろくと紹興酒。好きなものは和菓子、親子イベント、世界遺産。オススメの旅先はガラパゴスです。

NEW